ページ

2018年6月28日木曜日

Co.山田うん 2日目

 横浜市立西寺尾小学校5年生の2日目です。
 この日は胸に児童それぞれが考えたダンサーネームが書かれたシールを貼って体育館に集まりました。可愛い名前から笑ってしまう名前まで様々で、それぞれの個性が光りました。
 挨拶と共に児童から「習ったステップや円の動きを上手くする」という目標が出されました。1日目に行った、64人の仲間と息を合わせて円の構成を作ることがとても難しかったようです。

 はじめは曲に合わせて手足をブラブラと脱力したところからスタートし、歩いていきました。歩くだけでもたくさんの種類があることを確認し、細く歩いたり、後ろ向きに歩いたり、横向きに歩いたり「歩き方が変わると視界も変わり、気をつけるポイントも変わる」と気づいた点をみんなで共有しながら進めていきました。
 その後、童謡「手のひらを太陽に」に合わせて、講師の作ってきたバリエーション豊かな振付を踊りました。歌詞とリンクした振付けは、見ただけで模倣が可能な内容で、とても生き生きと踊る様子が見られました。
 
 身体が温まってきたところで前回の振付の確認をしました。2日目ということもあり、振付が徐々に身体に入ってきて、少しずつ自信を持って踊るようになった児童が見られるようになってきました。少しの余裕が出てきた頃、今回の振付曲である校歌を歌いながら踊ることもできてきました。踊りの最後の自由な決めポーズ「変な虫のポーズ」も、初日は恥かしがる様子が多く見られましたが、自分のポーズを積極的にアピールする児童も出てきました。
 
 休憩を挟み、円になって伝言ゲームをやりました。横の仲間に言葉を伝えるゲームに3回挑戦しましたが、中々正しく伝わらず、相手に正しく伝えることの難しさや大切さを講師のロンさんは伝えたかったのだと思います。
 次に言葉を使わず身体で伝達することに挑戦し、まずは小さい動きのポーズから、少しずつ動きを大きく激しいものにしていきました。動きの大きさに比例して場が盛り上がり、自然と言葉が出てしまうほどでした。
 
 最後は円の中心に一人ずつ出て即興(自由演技)で踊りました。それぞれの得意な動きや得意なスポーツをヒントに60人以上の仲間が見ている真ん中で自由演技が始まりました。仲間が踊ると「フー!!」「イエイ!!」など周りの児童からも歓声が上がり、児童たち自身で「円の中で何をやっても大丈夫」という雰囲気を自然と作っていたことに驚きました。恥ずかしがる児童もいましたが、周りの応援もあり全員が人前で踊る経験をすることができました。
 全員が踊り終えたところで「人と人との間を抜けていく」という動きに挑戦したところ、授業前半に行った円の伝達に比べ、相手との接し方やコミュニケーションの取り方が全く別物のように丁寧なものになっていました。

 最後は初日と同様、「未知な生物のポーズ」で挨拶をして2日目の授業を終えました。
(記録 黒須育海)


2018年6月27日水曜日

Co.山田うん 1日目

 横浜市芸術文化教育プラットホーム スペシャル版「スクール・オブ・ダンス」が始まりました。スタートは横浜市立西寺尾小学校の5年生2クラス計64人。アーティストはダンスカンパニー「Co.山田うん」の川合ロンさん、小山まさしさん、広末知沙さんです。
Co.山田うんが西寺尾小学校を担当してなんと今年で7年目!先生や昨年参加した子ども達が「お久しぶりです!!」と笑顔であいさつを交わし、今年はどんな子ども達と会えるかアーティストは楽しみを隠せない様子でした。
時間になると体育館に集まり、新5年生と顔合わせ。子ども達は緊張した顔で挨拶して今回の目標を発表しました。リーダーのロンさんは挨拶後「靴下と上履は脱いじゃおうか!」「整列なんていいから好きな所に座ってよ!」と言葉かけをし、子ども達の緊張が一瞬で解けた様子が見られました。その流れでロンさんは手をゆっくり上げたり、頭を触ったり、指で数字を作ったりして子ども達が自然と模倣するように促していきました。「消しゴムケシケシ」「えんぴつカキカキ」など、物になりきった動きから「カクカク」「カチカチ」「フワッフワ」「ドンドン」など擬音語に合わせた動きに発展し、硬い動きから柔らかい動きまでバリエーション豊かに動いていきました。子ども達は3人のアーティストを見ながら笑顔で模倣していました。
休憩を挟んで2人組を作り「未知の生物づくり」をしました。「手は何本あるのかな?」「足は何本あるのかな?」「大きい生物かな?」「小さい生物なのかな?」「何を食べるのかな?」などイメージを膨らますようにロンさんが言葉かけをすると、みんなから自然と動きが出てきました。手を大きく開く子や両手で頭に耳を表現する子など個性が少しずつ見えてきた瞬間でした。

後半は大きな円になり、振付をみんなで踊りました。今回のテーマは「夜」だそうです。西寺尾小学校の校歌からヒントを得た振付をみんなで覚え、何度か振付を確認して初日は終わりました。授業終わりの挨拶は不思議なもので、ロンさんが「未知の生物っぽく動いたら〜・・・ポージング!」いうものでした。

今回、4日間のプログラムを経て5日目には神奈川県@公会堂で完成発表が行われます。
(記録 黒須育海)

2018年6月20日水曜日

2018年度「スクール・オブ・ダンス」決定!

横浜市芸術文化教育プラットフォーム 体験型スペシャル版
スクール・オブ・ダンス
2018年6月〜2019年1月

幅広い芸術分野で活動しているプロのアーティストが学校に出向き、授業を通して自由な発想を導き、豊かな感性を育てる「横浜市芸術文化教育プラットフォーム」。今年は横浜市のダンスフェスティバル「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」と連動し、ダンスプログラムを拡充し、【体験型スペシャル版】として、実施回数を増やし、その成果を披露する発表の場を提供します。NPO法人Offsite Dance Projectのコーディネートのもと、市内8校にて実施。「新しいものをゼロから創り出す」ことを通して、発想力や行動力を育てることで、子どもたちの学習活動をより豊かなものにする次世代育成プログラムです。

横浜市立西寺尾小学校(神奈川区) 5年生×Co.山田うん(川合ロン) 
横浜市立勝田小学校(都筑区)個別支援学級×Co.山田うん(川合ロン) 
横浜市立山田小学校(都筑区)6年生×村本すみれ
横浜市立権太坂小学校(保土ケ谷区)4年生×古家優里
横浜市立杉田小学校(磯子区)3年生×楠原竜也
横浜市立今宿小学校(旭区) 個別支援学級×んまつーポス
横浜市立緑園西小学校(泉区)個別支援学級×黒須育海
横浜市立相沢小学校(瀬谷区)2年生×木皮 成 
 
主催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
共催:横浜市
運営:横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局
制作協力:NPO法人Offsite Dance Project